オカルト本のコレクション3,500冊分がオンライン公開予定

「オカルト」の語源は、ラテン語の「隠されたもの」という言葉である。一般的には、科学的な知識体系や伝統的宗教の枠組みからも外れた知識を指す。 オカルトと聞いただけでドキがムネムネ止まらないという人も多いだろう。そんな人に朗報だ。私のことだ。 世界にはオカルトに特化した図書館がある。その中でも有名な「リトマン・ライブラリー」のコレクションが、オンライン公開に向けてデジタル化の作業中であるらしい。スポンサードリンクアムステルダムにあるオカルト本の図書館"Bibliotheca Philosophica Hermetica" "Bibliotheca Philosophica Hermetica" (ヘルメス主義哲学文庫)は、アムステルダムにある私立図書館である。アムステルダムは、歴史的に信仰の自由、表現の自由で知られた街だ。 この図書館は、またの名を "The Ritman Library" (リトマン・ライブラリー)という。創設者のヨースト・リトマン氏は、成功を収めたビジネスマンであると共に、神秘主義に人生を奉げた人物でもある。その根本にあるのは、リトマン氏が16歳のときの体験だ。 「突然の、深い経験…全てのものはひとつであるという経験でした。一瞬にして私にもたらされた気づきは、起源と創造の間、神と宇宙と人間との間には、深遠なるつながりがあるということです」 リトマン・ライブラリーの所有する、ヘルメス主義(神秘主義的な古代思想)に関する文献の量は世界でも有数だ。その数、2万3千冊以上。手書きや活版の豊…

続きを読む

霊感の強い芸能人のガチで怖すぎる恐怖体験!あなたは直視できるか?!

芸能人は霊感の強いことが多いそうです。俳優、ミュージシャン、お笑い芸人など、芸能事を生業としている人間ほど、霊感と密接な関係にあるといいます。今回は、そんな「感の鋭い」芸能人が、カメラの前ではめったに語らない心霊体験をご紹介したいと思います。猛暑が予想される、この夏に一服の清涼剤となること請け合いです。霊感芸能人#01眞鍋かをり出典: himitukiti.jp真鍋かをりは公式には自身の霊感を否定しています。テレビ東京がかつて放送していたスピリチュアル番組「国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉」に出演した真鍋かをりは、江原啓之の霊感の強さへの指摘を否定しています。ただ、テレビ東京で放送されていた「裏ジャニ」という番組で、彼女の霊感が本物であると裏付ける神回があったのです。その回では、関ジャニメンバーが稲川淳二と眞鍋かをり両名をゲストに迎え、稲川淳二の案内で日本各地の最恐心霊スポットへ訪れる、という企画でした。一行が向かったのは、幽霊が出ると言われている廃屋。崩れかかった建物内へ入ると、彼女が落ち着きなくあたりをキョロキョロしだします。その様子は普段テレビで見る真鍋かをりのそれとは、全く別ものでした。彼女の目にはすでに幽霊が見えているようで、首筋から幽霊が入るのを嫌がったり、幽霊と目があったと騒いだり、かなり落ち着きのない様子。終いには「あそこにいらっしゃいます…」廃墟の一角を指さして、彼女はそうつぶやきました。結局、番組の最初から最後まで、彼女はビンビンに霊感を感じでいた様子でした。裏ジャニの…

続きを読む

立ち入ると命を落とす島3選

1島目ポヴェーリア島イタリアはベニスに浮かぶ、ポヴェーリア島出展:corrieredelveneto.corriere.it水の都として知られるイタリアはベニス、その市街地近くに浮かぶ無人島である。期せずして数々の悲劇の舞台となってしまったこの島は、いつしか「世界で最も幽霊を見る場所の一つ」と言われるようになった。その黒歴史はペストがベニスで流行した14世紀にさかのぼる。ペスト感染者は死者であろうと生存者であろうと隔離が基本であるが、隔離病棟にポヴェリア島が使われた。隔離といっても完全放置状態であったのは想像に苦しくなく、行けば2度と生きては帰れない死の島だった。ポヴェーリア島で廃墟となった病院のベッド画像:海外の万国反応記この写真はポヴェーリア島に建てられた病院の内部の写真と思われる。並べられた無数のベッドが生々しい。ポヴェーリア島への隔離は、ペスト流行が始まった1348年から1793年まで続けられた。445年もの長きに渡り、イタリア政府はペスト患者へのポヴェリア島隔離を行ったことになる。一体どれくらいの人々がここで命尽きたか、想像するだけでも恐ろしい。「島の土壌の半分は死者の灰」地元の人々はまことしやかにそう言って、この島には決して近づこうとはしない。20世紀初頭には、隔離精神病棟も建てられ、精神に異常をきたした患者を隔離、幽閉する施設として使われ始めた。ところがこの精神病棟で悪いうわさが立ち始める。曰く、医者が自身の欲のために患者に人体実験を行った、とか、霊にとりつかれた患者が自殺をした、医…

続きを読む

「そんなに社会って厳しいですか?」大学生の疑問に謎のマウンティング 「そんなことも分かんないの?」「ニートまっしぐ…

人間社会は本当に面倒ごとばかりで嫌になる。毎日、お金や締切やマナーなど、人間が作り出した制約を受けながら、フラストレーションを溜めつつも真っ当に生きている人。ほんと、すごいと思う。(文:松本ミゾレ)先日、ガールズちゃんねるで「社会ってそんなに厳しいんですか?」というトピックを見つけた。今まで「結構ゆるく生きてきた」という現役大学生のトピ主は、この先の人生が不安だという。「高校も大学も1日3時間勉強したら入れるところに入り、バイトで理不尽なことあったらやめました。体調が悪い日は寝ます」「そういうことを言うと、『そんなんじゃ社会に出てやっていけないよ』と言ってくる人がいます。(中略)そんなに社会って厳しいですか?やっていけないって、具体的にどうなってしまうんですか?」 「どうにもならない。あなたがやっていけなくなるだけ」とひどいコメントばかり なぜか大量に発生する上から目線のアドバイスまあ、トピ主のようなタイプなんて世間にごろごろいると思うけど、そのうちなんだかんだ一般的な社会人として暮らしていくようになるものだ。だから、このトピックに書き込みをする人々も「私も最初はそうだったけど、結局慣れるよ」みたいな暖かい意見ばかりだろうと思ったが、そうではなかった。いくつか書き込みを紹介しよう。「どうにもならないよ。あなたがやっていけなくなるよってだけ」「ニートまっしぐら」 「大学生なのにそんなことも分かんないの?」「そういう人はそういう中で生きていけるよ。上を目指さなければいいだけだからね」こんな感じで「…

続きを読む

【夏はオカルト】死後の世界は本当に存在するのか 死にかけた祖母が三途の川を見た話

今年の夏も暑くて死にそうだ! 湿気も凄いし、夜なんてエアコンなしでは寝られない。こんなときはオカルトネタに限る。多少なりとも肝を冷やすことも出来るだろうし。先日「ガールズちゃんねる」に「死後の世界について語りたい」というトピックが登場した。投稿者は生まれ変わりはあると思うけど、そうなると墓参りやお盆で先祖が帰ってくることへの矛盾を感じるという。(文:松本ミゾレ)死んだら「永遠の無」になるだけなのか 川の向こうには何があるのでしょうそもそも宗教によって死後の世界があったりなかったりするわけなんだけども、今回はとりあえず死後の世界があることを前提にして話をしていきたい。断っておくが、僕は別にカルトの信者でもないし、皆さんを奇妙な論理で篭絡するつもりもない。ただ暑過ぎて頭が上手く働かなくなってしまい、死後の世界の話をして落ち着こうとしているだけなのだ。ちなみにどちらかと言えば幽霊の存在についても、否定的な立場である。理由は見たことがないから。単純だけどそれだけだ。流石に、この目で見たことがない事象を信じることはできない。しかしこのトピックには、実に様々な意見が寄せられている。いくつかコメントを紹介してみたい。「容姿を馬鹿にすると 来世自分がブスに生まれるらしい」「本当にあるのなら、苦しんで亡くなった方は死後の世界では幸せに暮らして欲しいな」「やっぱ永遠の無なのかな。これから先一億年経とうが100億年経とうが宇宙が滅びようが永遠の無なのでしょうか」他にもいろいろあったけど、「死後の世界はない」と…

続きを読む

社会的に問題ある団体と協働し「美しい国」を語るおかしさ――シリーズ【草の根保守の蠢動】特別企画「宗教と政治の交わる…

「カルト」という語の難しさと「一群の人々」の節操のなさ 日青協の機関誌『祖国と青年』では昭和から何十年も同じような主張を続けている菅野:属性ということでいえば、日本会議に宗教団体が多数所属していることを根拠にして、すぐ「あれ、カルトでしょ。カルトだからダメでしょ」って言っちゃう人が出てくる。しかしこの「カルト」という言葉はなかなか難しい。そういえば先生は、研究のなかで「カルト」って言葉をお使いになられませんね。まあ「カルト」って言っちゃうと研究にならないってこともありますでしょうけども。 塚田:私は「カルト問題」という言い方・見方をすることが多いです。当然リスク回避という意味もあるんで、私自身は「これがカルトで、あれがカルトではない」みたいな言い方はしないですね。社会学的なやり方とも言えますけれど、カルトというレッテルが貼られるからには、そこに原因なり、論争なり、軋轢があるんだろうと。そこの具体的な問題を見ていけばいいんだろうって考えています。一見遠回りのようではありますが、実は「カルトだからひどい」っていう言い方をしてしまうと、「カルト」の定義は何とするのが妥当か、対象がその定義にあてはまるかどうかの二段階を、検証しないといけないですよね。他方で、「この対象はこういう問題を抱えているから、やっぱりよくないんだ」という言い方のほうが直接的だと私は思うんです。 菅野さんは、「日本青年協議会はカルトだ」っておっしゃることもあるようですけど……。菅野:日本会議がカルトだとは思いませんが、中枢の一部は…

続きを読む

情報求む!勝共UNITEの改憲大会の開催場所は?

安倍政権の意向を受けて結成されたのではと指摘される統一教会・家庭連合の2世信者組織『勝共UNITE』が、来月3日、全国各地で「改憲実現大会」を開催する。UNITENのHPに「各地の開催場所や開始時間は、それぞれの勝共UNITEにご確認ください」とあったため、本紙・鈴木エイト主筆が問い合わせたところ、国際勝共連合関係者は同大会の開催場所の開示を拒否。そのため本紙では、広く読者に情報提供を呼び掛けることとなった。◆「国会議員からのメッセージ」予定UNITEは、衆参同時選挙が噂され野党連合に参画する共産党が初めて自民党にとって脅威となっていた2016年1月、東大生4人によって結成された。全国で共産党批判を展開し安倍政権支持や改憲賛成を訴える一斉演説やデモ行進を行ってきたUNITEは、今年3月に『国際勝共連合大学生遊説隊UNITE』から『勝共UNITE』に名称を変更、翌4月からは名実ともに国際勝共連合の傘下組織となっている。筆者(本紙・鈴木エイト主筆)は、これまで、UNITEの結成から以後の活動について、同教団の2世組織であること、教団お抱えで結成されたこと、結成から活動について政権の意向や忖度があったのではないかとの疑惑を追及してきた。衆院選での自民党大勝と改憲勢力の躍進を経て、明確な安倍政権支持、改憲支持を訴えるUNITEは11月3日、『日本国憲法公布71周年の日に、若者による「改憲2020 実現大会」(主催:同大会実行委員会)』を行う。勝共UNITEのHPよりUNITEのHPには『東京、仙台、福岡の…

続きを読む

恋愛は価値観の違いで逃げるな!別れる本当の原因4つ

恋愛ではよく「価値観の違いで別れる」という言葉を聞きます。この記事にたどり着いたあなたも、もしかしたらそんな経験があるのではないでしょうか。ただ、ハッキリ言ってしまうと、[価値観の違い]を理由に別れているうちは、一生コミュニケーションが上達することはありません。そして長期的な関係になれば誰と付き合ったとしても、必ず価値観の違いは浮き彫りになり、その度に別れることになるでしょう。 ①価値観の違いが浮き彫りになる度にスパッと別れて、相手をコロコロ変えていく人生②自分の価値観に対する考え方を深めて、 一人の人間と深い信頼関係を築いていく人生 どちらが正しいとは言えませんので、あなたが望む方はどちらなのかを自問自答してみましょう。そしてこの記事では②を選ぶ人のために価値観について深く掘り下げていきます。目次[表示]1そもそも価値観って何なのかまずは価値観って何なのかをハッキリさせておきましょう。1-1価値観が同じ人なんていない価値観とは個人が持つルールであり、優先順位であり、判断基準です。 100人いれば100通りの価値観があり、全く同じ価値観の人なんていません。例えば新婚夫婦で「健康を大切にする」という価値観を持っていたとします。これは表面的に見れば同じ価値観を持っているということになりますが、実は掘り下げてみると「健康を大切にする理由や、具体的な方法」が違ったりするんです。奥さんは将来生まれてくる子供のために母体を、食事を通して健康的にしておきたい旦那さんは仕事をバリバリこなすために体力を付けて…

続きを読む

嫌いな迷惑系スピリチュアル難民の実態

さて、本題に入りますが、基本的に僕はスピリチュアル的な話は信じてます。潜在意識だとか引き寄せの法則だとか宇宙の法則だとかあると思ってます。が、しかし、スピリチュアル難民の話は違和感しかありません。 ※スピリチュアル難民とは耳障りの良い綺麗事ばかり言うにも関わらず、何一つ現実が変わっておらず迷走している人達の総称なぜならそこに実態が無く、フワフワした精神論でしかないからです。要は地に足が付いていなんです。そんなスピリチュアル難民達は学ぶ順番を間違えているかと。 スピリチュアル難民の多くは自分の思考の仕組みすら分かってないことがほとんどです。 ・なぜそのような感情になるの?・どういうストーリーでその人格を身につけたの?・家族との関係でどんな感情パターンを身につけたの?・その性格を身につけるキッカケは何だったの?・自己内対話はどんなパターンを持っているの?…etc これらの自己理解も無いまま 「宇宙と繋がって…」「守護霊に聞いて…」「潜在意識にアクセスして…」「前世を探って…」「波動を感じて…」「キラキラ」「ワクワク」「ワクワクを引き寄せ!」…などと言っています。 う~ん、、正直言って気持ち悪いです。 そんな見えない力に頼る前に、まずは自分の力で動かせる範囲を知り、その仕組みを使いこなすのが先では?と、僕は思うのです。 結局、現実を動かすのは見えないエネルギーでもなく、謎の波動でもなく、守護霊でもなく、コスモでもなく、自分自身です。…

続きを読む

トム・クルーズやトラボルタもハマる宗教「サイエントロジー」の恐るべきカルト性

サイエントロジーの教会の公式ウェブサイトより サイエントロジーとは、SF作家L・ロン・ハバードが創始した宗教団体だ。その発端は彼が1950年に発表した『ダイアネティックス』なる一種の心理療法とその書籍。近代精神医学によらず心を解放させようという、宗教よりも自己啓発に近いものだった。しかしハバードとダイアネティクス実践者はすぐに宗教団体としての「サイエントロジー教会」を設立。その他多くの自己啓発・スピリチュアリティ活動と異なり、強固に先鋭化した組織を形成していったのである。 勧誘に熱心なことでも知られ、特にセレブリティの入会には力を入れている。その中で最も有名なのはトム・クルーズだろう。彼自身もしばしばサイエントロジーの宣伝に携わっている。他にも初期から入会していたジョン・トラボルタ、カースティ・アレイ、エリカ・クリステンセンなどなど……信仰を公言しているハリウッド・スターは数多い。 欧米を中心に、サイエントロジー教会はまたたくうちに勢力を拡大していった。熱心な勧誘も要因の一つだろうが、従来の宗教団体からみて特殊なポジションにあることも大きく関わっているだろう。彼らの主張では、人間には肉体と心の他、セイタンという要素があり、それをEメーターなる機械によって測る(オーディティング)ことが出来る。日々の修行によってセイタンのレベルを上げ、精神を解放していくのが重要であると説く。修行の度合いによって教会でのOT(オペレーティング・セイタン)という階層が上がっていき、上位のものだけに明かされる秘儀もある。 …

続きを読む

最強の“若返り薬”への可能性が開かれる 実験で明らかになった「NMN」の重要性とは?

 誰にとっても時間は平等に過ぎていく。どれほどのお金や権力を以ってしても、過ぎ去ってしまった時間を取り戻すことはできない。体は歳を重ねるごとに衰え、病気にかかりやすくなり、残された時間は刻一刻と……という、あらゆる生命が背負ってきた宿命が、どうやら変化する可能性もありそうな発見だ。 12月19日に「New Scientist」が掲載した記事によると、科学者のチームが、ある方法によって、歳をとったネズミの老化を食い止め、さらに若返らせることにまで成功したというのだ。■そもそも、なぜ老化するのか? 哺乳類の老化は、細胞の中にあるミトコンドリアと深いつながりがあると考えられてきた。ミトコンドリアとは、それ自身が独自のDNAを持ち、呼吸を行うことで細胞にエネルギーを供給する役割を担っているもの。しかし、哺乳類が歳を重ねるうちに、ミトコンドリアの機能は衰え、その結果としてアルツハイマー病や糖尿病にかかりやすくなるといわれているのだが、ハーバード大学医学大学院のアナ・ゴメス氏のチームによって、その詳しいメカニズムが明らかになりつつあるようだ。

続きを読む

哲学的ゾンビは、クオリアの夢をみるか?

「フレーム問題」「シンボルグラウンディング問題1、2」と「AIの未解決問題」に続いて、前回の「クオリア」から「心の哲学」の問題に入りました。 「心の哲学」は、「AIの未解決問題」に比べて哲学よりの話となりますが、コンピュータで心や意識を実現するのに避けては通れない議論が多いです。 今回は、「心の哲学」の中でも有名な「哲学的ゾンビ」の話をします。 まずは、いつものようにWikipediaから引用してみましょう。 哲学的ゾンビ(Neurological Zombie) 脳の神経細胞の状態まで含む、すべての観測可能な物理的状態に関して、普通の人間と区別する事が出来ないゾンビ。 哲学的ゾンビという言葉は、心の哲学の分野における純粋な理論的なアイデアであって、単なる議論の道具であり、「外面的には普通の人間と全く同じように振る舞うが、その際に内面的な経験(意識やクオリア)を持たない人間」という形で定義された仮想の存在である。 哲学的ゾンビが実際にいる、と信じている人は哲学者の中にもほとんどおらず「哲学的ゾンビは存在可能なのか」「なぜ我々は哲学的ゾンビではないのか」などが心の哲学の他の諸問題と絡めて議論される。 仮に“哲学的ゾンビが存在する”として、哲学的ゾンビとどれだけ長年付き添っても、普通の人間と区別することは誰にも出来ない。 それは、普通の人間と全く同じように、笑いもするし、怒りもするし、熱心に哲学の議論をしさえする。 物理的化学的電気的反応としては、普通の人間とまったく同…

続きを読む

哲学的ゾンビは、クオリアの夢をみるか?

「フレーム問題」「シンボルグラウンディング問題1、2」と「AIの未解決問題」に続いて、前回の「クオリア」から「心の哲学」の問題に入りました。 「心の哲学」は、「AIの未解決問題」に比べて哲学よりの話となりますが、コンピュータで心や意識を実現するのに避けては通れない議論が多いです。 今回は、「心の哲学」の中でも有名な「哲学的ゾンビ」の話をします。 まずは、いつものようにWikipediaから引用してみましょう。 哲学的ゾンビ(Neurological Zombie) 脳の神経細胞の状態まで含む、すべての観測可能な物理的状態に関して、普通の人間と区別する事が出来ないゾンビ。 哲学的ゾンビという言葉は、心の哲学の分野における純粋な理論的なアイデアであって、単なる議論の道具であり、「外面的には普通の人間と全く同じように振る舞うが、その際に内面的な経験(意識やクオリア)を持たない人間」という形で定義された仮想の存在である。 哲学的ゾンビが実際にいる、と信じている人は哲学者の中にもほとんどおらず「哲学的ゾンビは存在可能なのか」「なぜ我々は哲学的ゾンビではないのか」などが心の哲学の他の諸問題と絡めて議論される。 仮に“哲学的ゾンビが存在する”として、哲学的ゾンビとどれだけ長年付き添っても、普通の人間と区別することは誰にも出来ない。 それは、普通の人間と全く同じように、笑いもするし、怒りもするし、熱心に哲学の議論をしさえする。 物理的化学的電気的反応としては、普通の人間とまったく同…

続きを読む

自然言語処理って、こんなこともわからないの?

大量の文書を読ませて学習させるのが、現在の自然言語処理の主流です。 たとえば、自動車のカタログを大量に読み込ませれば、自動車に関する膨大な知識が得られます。 「人気の車種は?」 「人気の色は?」 といった質問に回答できるようになるでしょう。 ところが、 「自動車で、アクセルの位置とハンドルの位置では、どちらが高い位置にありますか?」 こんな簡単な質問に、答えることはできません。 なぜなら、自動車のカタログのどこにも、アクセルとハンドルでは、どちらが高い位置にあるか書いてないからです。 そんなこと、書かなくても誰でも知ってるから、わざわざ書いてありません。 自動車を見たことある人なら、アクセルは足で踏んで、ハンドルは手で持って操縦することを知っているので、わざわざ、自動車のカタログに、アクセルよりハンドルが高い位置にあるとは書きません。 床より天井が高い位置にあるとも書きません。 どこにも書いていないということは、AIには答えられないということです。 今のAIに足りないのは常識だ。 でも、大量の文書で学習させれば、いずれ、AIにも常識が備わって、人と普通に会話ができるようになる。 こんな風に考える人も多いですが、この世に存在するすべての文章を学習させたとしても、「アクセルよりハンドルが高い位置にある」、「床より天井が高い位置にある」・・・ こんな簡単な常識を学習することはできないのです。 「この車は、床の下に天井がある」…

続きを読む

絶対に超えられないディープラーニング(深層学習)の限界

AIブームの中、ディープラーニングに任せれば、何でも人間よりうまく処理できると思われていますが、ディープラーニングでは、絶対、人間を超えられないものがあります。 それは、普段、我々が使っている言葉の理解(自然言語処理)です。 それでは、どこに、ディープラーニングの限界があるのか、どうすればAIが言葉を理解できるようになるのかについて説明しましょう。 まずは、手書き数字認識を参考に、ディープラーニングをおさらいします。 数字は、全体的に丸なのか直線なのか、部分的に丸があるのか、いくつ丸があるのか、完全な丸なのか、一部がかけている丸なのかといった特徴があります。 数字認識するとき、この特徴量を使って判断するわけです。 認識する画像を入力すると、まず、小さい部分に分けて、丸があるか、あるなら何個か、完全な丸かといった小さい部分の特徴量で判断し、次により大きい部分、最後に全体像で判断します。 ディープラーニングは、多段階のニューラルネットワークで構成され、各階層で、これらの特徴量を判別します。 ここで重要なのが、どのような特徴量を使って判断するかです。 ディープラーニングでは、数10万枚の手書き数字の学習用データセットと、正解の数字の組み合わせを読み込ませることで、自分で特徴量を抽出することができます。 どのような特徴を抽出したらいいかを、自分で学習することができるのです。 大量のデータから自動で特徴量を抽出できる、これが、ディープラーニングの最大…

続きを読む

話題のAI(人工知能)で失業する?そんな噂に住職が喝。

今やっている仕事がAIに取られて、海外に出稼ぎに行く日がくるのか? こんな不安を煽る投稿を SNSなどで目にした人は多いと思います。 AIなどの人工知能が、今後ますます性能がよくなったら、それを搭載した機械が増えて、私たちの仕事もそれに取って代わられるというのです。 例えば、弁護士を例に挙げましょう。今後のAIロボットは、膨大な量の判例を覚えて、的確にその判例を当てはめることができるので、弁護士の仕事がなくなるという話があります。 お医者さんも同様です。患者が病院に行ったら、採血と問診票を元に、まずはAIロボットのお医者さんが診察するという時代がくるかもしれない。そう不安を煽っているのです。 そんなことはあり得ない。 わたしは、そんなことはあり得ないと思っています。 理由としては、こんな話があります。 アメリカのマイクロソフトがツイッター上でユーザーと交流するAIの実験を始めたところ、AIは第2次大戦中のドイツを賞賛しました。「ヒトラーは間違ってない」と言い始めたのです。 慌てて実験は中止となりましたが、このことはAIもまた利己的になることをよく示しているのではないでしょうか。 「利己的な遺伝子」によると リチャード・ドーキンスの著作『利己的な遺伝子』では、ミームという、自己複製する生物とは違った、遺伝子の様なものを持った物を紹介しています。 …

続きを読む

ツインソウルと別れる理由20個と再会して復縁する方法10個

ツインソウルとはずっと円満な関係でいられるとは限りません。この記事ではツインソウルと別れる理由をまとめています。また、別れてしまったとしても再会し、更に復縁する方法についてもご紹介しています。ツインソウルとせっかく出会うことができたあなた、この出会いをなかったことにするのはもったいないですよ。 目次 ● ツインソウルとの別れは辛い… ● ツインソウルと別れる理由20個 ● ツインソウルと別れた後の分離期間の長さとすべきこと ● ツインソウルと再会することはできる? ● ツインソウルと復縁したい…復縁する方法10個 ● まとめ ツインソウルはこの世に生まれてくる時に、分裂したもうひとつの魂であると言われています。同じ時代に転生して出会う確率は少なく、出会っても相手を受け入れられないという人もいますし、ツインソウルとして恋愛関係になることは奇跡に近い状態であると言えます。 そんなツインソウルと出会って恋愛関係に発展しても残念ながら離縁してしまうカップルもいます。ツインソウルと別れた後で他の人と交際をしても、ツインソウルを思い出す人もいます。 そこで、ツインソウルと別れる理由と、復縁する方法についてまとめたので、参考にしてくださいね。 ツインソウルとの別れは辛い… 別れた後で気づく相手の存在の大きさ。涙を流しても戻ってこない時間。会いたいを思ってもそう簡単に会うことができない。例え、会えたとしても自分の気持ちが定まっていないと、同じことを繰り返すだけ…

続きを読む

スピリチュアル恋愛!運命の人と出会う前兆20個と縁をつかむ方法6つ

スピリチュアルな恋愛を信じていますか?異性と運命的な出会いが実際に起こる時、どうやら前兆があるみたいなんです。この記事では運命の人と出会う前兆や、出会った異性との縁を自らつかむ方法についてご紹介します。まだ気になる異性がいない場合も、ぜひ参考にしてください。 目次 ● 恋愛ではスピリチュアルが関係する? ● 運命の人と出会う前兆20個 ● 前兆が起こったタイミングを見逃さないための注意点7つ ● 運命の人との縁をつかむ方法6つ ● まとめ この世はスピリチュアルと密接な関係を持ち、切り離して考えることはできません。 この世で色々な試練を乗り越えるのも、色々な人と出会うのも全てスピリチュアルな世界との繋がりがあるのです。 それに敏感な人とそうでない人もこの世に存在しており、霊的なものを見て交信することが出来る人、見えないけど感じることができる人、全く感じないし見えないけど信じて行動している人などあらゆる考えを持った人たちと共存しています。 恋愛もまた、スピリチュアルな世界との繋がりがあります。この記事では、運命の人と出会う前兆とその人との縁をつかむ方法について説明しています。ぜひ参考にしてください。 恋愛ではスピリチュアルが関係する? 視覚の範囲で物事を決めようとするのが、一般的ですがこの世は目に見えない力や存在に支えられて私たちは生きているのです。 例えば、空気も形として視覚で判断はできないが、その力を当たり前の存在のようにして生きている…

続きを読む

ツインソウルとの出会いの前兆11個と確認方法10個!出会う場所はどこ?

元々自分自身だったもう一つの魂…ツインソウルとの出会いには前兆があります。この記事ではツインソウルかどうか確認する方法から、出会う場所まで解説しています。なんとなく気になる相手がもしかしたらツインソウルかもしれませんよ。 目次 ● ツインソウルと出会った瞬間は衝撃? ● ツインソウルとの出会いの前兆11個 ● ツインソウルの確認方法10個 ● ツインソウルと出会う場所はどこ? ● ツインソウルと出会う確率 ● ツインソウルと出会う時期 ● ツインソウルと出会った後の変化で起こること10個 ● まとめ 魂の片割れであるツインソウルと出会うことは奇跡に近いこと。運命の人と出会わずに一生を終える人がいる中で、ツインソウルに出会う事が出来るとしたら、そこにはきっと大きな意味があるということなのです。 とは言え、出会った人がツインソウルであるのかどうかを判断できないのであれば、残念ですよね。 特別な存在でもあるツインソウルとの出会いを見逃したくないという方は、ツインソウルとの出会いの前兆や確認方法をチェックしてくださいね。 ツインソウルと出会った瞬間は衝撃? これまでに感じたことがない、経験したことがない感覚になることは間違いないでしょう。 ツインソウルと出会っていながらも、ツインソウルだということに気づかないという人の方が珍しく、多くの人は出会った瞬間に、もうひとつの魂であることを理解すると言われています。 そのため、ツインソウルと出会…

続きを読む

超能力とは?超能力の種類一覧11つと超能力者になる訓練方法4つ

超能力とは?超能力の種類一覧11つと超能力者になる訓練方法4つ 超能力とは?超能力の種類一覧11つと超能力者になる訓練方法4つ 超能力という言葉自体を聞いたことがある人は多いかもしれませんが、超能力の中にも色々な種類があるのはご存知でしたか?この記事では超能力を使いこなせるようになるための4つの訓練方法をご紹介します。超能力を身につけたいという方は是非参考にしてくださいね。 目次 ● 超能力とは? ● 超能力の種類一覧11つ ● 本物の実在する超能力者4人 ● 超能力者になる訓練方法4つ ● まとめ あなたは超能力を信じますか。世の中には想像を超えた能力を持つ人が存在します。ひと昔前までは、特殊な能力を持つ人を受け入れない時代がありましたが、昨今スピリチュアルブームの後押しもあり、特殊な能力を持つ人に憧れるようにもなったのではないでしょうか。 今回は、超能力に関することをまとめたので、参考にチェックしてみてくださいね。 超能力とは? 非科学的なことを、行う特殊な能力を持つ人も超能力と言います。予知能力という預言や特殊な能力も超能力とされ、そのような特殊な能力を持つ人たちを世間は、受け入れようとしなかった時代もあり、超能力を持つ人に対して、トリックや、虚言、いんちきなどいう悲しい時代があったことも事実です。 現在科学者の中にも、世の中には説明ができないことが存在するという人もいます。通常の能力を超えて持つ特殊な能力が超能力と言われています。 …

続きを読む

2018年6月ご神木プージャのご報告~ご神木の秘密~

皆さん、こんにちは。 昨日6月2日(土)22時~約45分間恒例のご神木プージャを執り行いました。 今回も非常に多くの方々にご参加頂きありがとうございました。 師匠共々厚くお礼申し上げます。 ご神木プージャは木片にお願い事を書き込み、それを火にくべる密教の祈祷法です。 その木片に書いた願いは、個人が普通にお祈りをするよりも実現しやすいため、たくさんの方々が毎月ご神木プージャにご参加くださっています。 願いが叶いやすいという理由は、師匠であるT仙人が永くインドで修行をし、ヒマラヤンプリースト(司祭)の称号を得た祈祷のプロであるという点が挙げられます。 「お願い事なんか願って叶うの?」と思われるかもしれません。 しかし、修行を重ね人の苦しみや悩みを解決する密教の法を体得した真の行者は、神仏との繋がりが濃く、一般の人と比べると何事も現実化しやすいのです。 それが根本的な理由でありますが、ご神木プージャに使用する木片にも秘密があります。 ご神木 ご神木プージャの木片は、見た目ただの木切れに過ぎませんが、皆様のお手元に届く前にそれを神仏に捧げ、書きこむ人(参加者)と神仏とのつながりができる様に設定してあるのです。 観音菩薩が祀られている地下の祭壇には、ある大型肉食獣の頭骨が併せて祀られています。 日本の密教では狐の頭骨を使用する場合…

続きを読む

執着を手放す

これをテーマに約1時間お話しします。 数年前のインド修行の時の話です。 その時指導してくれていた聖者から私はホーリーネームを授かりました。 ホーリーネームとは、聖なる名前という意味で修行者・出家者に与えられる名前です。 その時、私が授かったのが日本語の意味で「無執着の王」という名前でした。 「ハァ!?無執着の王、何それ!!」 「いくら何でもそりゃないっしょ!!」 その頃はまだバリバリの欲望の塊の様な私。 「一体何で無執着の王なんだろ??」と名付け親の聖者を疑問視したこともありました。 もっとクールでインパクトのある名前が良かったな~と。 しかし、修行が進んでくるとドロドロに汚れきった魂も徐々に澄んできて、色々な執着というものがそぎ落とされていきました。 執着をとっていくことは如何に霊性修行で大事であるか。 霊性修行の階段を上っていく際に、課題となってくるのが「執着を手放す」ことです。 多くの一般の人々は執着について考えることもありませんし、それをなぜ手放す必要があるのかまったく理解しないと思います。 霊性修行のゴールは悟りであります。 欲望にまみれた魂が果たして悟りの高みに到達できるでしょうか? どの修行者にもそれぞれに執着するものがあり、それをいかに手放すかで四苦八苦するのです。 今回はこの執着に…

続きを読む

気功は誰にでもできるようになります。ただ・・・

私に60秒の時間をください。○○しただけで、 身体と心のバランスが整います。 さらに、気をコントロールする力も・・・。 「気功で腰痛がよくなるの?」「運気が上がる?」 と私のところに訪れたほとんどの方が初めは、疑いの眼差しで私を見ます。 でも、わたしが左手をかざしはじめ1分ほどすると・・・ 気功で悩みを解決する 「ついてない。」「運が悪い。」そう感じる時もやはり、 気の流れが悪くなっている時です。 メリット さらには、運気も上昇してきます。 私は気功を使った整体を行っております。 気は誰にでも流れています。 その「気」の存在に気づくだけでも、気の流れはよくなってきます。 私のところに、訪れた方にするのは、 左手をかざすだけです。 左回り渦エネルギーの放射。約30秒だけこの映像をご覧ください。 電波を通じて、気を転写します。 気功の力を信じる人と信じない人では? 「気」の存在を信じる人は、体調がよくなり、運気も上昇してきます。 もう一度言います。 気は誰にでも生まれつき備わっている生理機能です。 なので、 どうしたら気が流れるようになるのか? と考えるのではなく、 気の流れを妨げているのは何か?に気づくことで、 自他ともに、簡単に気の流れをよくすることができるようになります。 でも、目に見えない気を「信じてください。」 と言…

続きを読む

α波が出る方法とは?

α波(アルファ波) 恐らく、ご存じない方は少ない(?)と思います。 α波がでるCDなど聴いたことありますか? 気分がゆったりとして、心身ともに癒されるとされています。 著名なのがバッハなどのバロック音楽。 聴いているだけでウトウトと眠くなってしまいます・・・。 そうです。 その時、α波が出現しているのです。 α波は、CDから出ているのではありません。 出ているのは脳から出る脳波です。 脳波とは、心の緊張度合を数値化したものです。 通常、仕事をしたり、勉強をしている時、 または楽しく遊んでいる時でもβ(ベータ)波という脳波が出ています。 リラックスしている時と集中している時は、 α波が出現します。 α波の出ている時、副交感神経が優位になり、右脳が活性化しています。 この右脳が活性化している時こそ、 真の自分を発見できる唯一のチャンスなのです。 それは、顕在意識で思っている自分と全く違う自分かも知れません。 いわゆるもう一人の自分と言うものです。 今度のサッカーワールドカップの出場が決まった 本田圭介選手が以前、言っていた リトル○○○・・・です。 なにか決断を迫られたと時、選ぶ道に迷った時には、 このもう一人の自分に相談するのが、もっとも有効な手段だと思います…

続きを読む

朝起きる直前の天使からの大事なメッセージ

朝起きる直前に見る夢には、 天使からのメッセージがあることがあります。 覚えてるうちに急いで書かなくては‼ 極上な爽やかな空気に包まれた場所で、 何人かの素敵な女性がワインをサーブしてくれました。 そこは個人宅にあるレストランのような雰囲気。 うわ~光がキレイだな、降り注いで気持ちいいな と感じていました。そこで、 「とってもいい を目指して」 というメッセージが‼ 今、大きな仕事に向けて、自分をどう練習させたり、 演出していけばいいか を考えていました。 それに対する答えが この極上の雰囲気と 贅沢なワインと とっても良い‼ と人に感じさせるパッションなのだなぁ。 世界の一流の演奏家も、テンションや、パッションを教えるらしいです。 それが成功の秘訣かな とブログを書きながら確認しています。 この雰囲気、嫌いな人はいないはず✨ ドイツ語でいう、 ゲミュートリヒ カイト =極上の時間 正にこれです‼ 演奏って、本人が一生懸命弾くのは当たり前で、 その先の世界観、色彩、人生の慟哭や平穏を、 お客様がその時の心情に応じて 楽曲とリンクさせて 涙されたり 勇気が出たりするものだ と感じていました。 もっとより良いサービスは、 演奏家として この「極上の時間」 を感じて頂くことですね‼ 次なる目標が出来ました✨ 私の応援団の皆様 ありがとうございます‼

続きを読む

ようやく夢で元気な顔を見せてくれた祖母‼今までメッセージばかりだったけど、祖母も能力が🆙したのかな?

祖母が亡くなって2ヶ月半 ようやく夢で元気な顔を見せてくれました! 九州のがばいばぁちゃんと同じく、 強くておもしろくて、頼もしい存在でした。 未来のビジョンか、(明晰夢と書きます) 初盆で親戚皆が集まり、 その準備を祖母自らしているのです‼ 冗談を言っては皆で大笑い。 「へそでお茶を沸かすよ」 という名言を 夢から覚める直前で思い出しました。皆懐かしむだろうな。 満面の笑みを見せてくれたから、 祖母も向こうで能力🆙したのでは、と思います。 今までも、亡くなった方が、 力に慣れるには時間がかかる気がしていました。 例えば、その人を指すキーワードが 現実社会で一文字聴こえたのは一周忌の時だった とか、 何年もたって、こちらの転機に夢で祖父が姿を見せてくれた とか。 このブログが嬉しいのかな? これからも一緒にネタを思い出せそうで、楽しみです‼ 祖母が亡くなった後に、気功の先生に聴きましたが、 魂は挨拶回りに49日まで大忙しだそうです。 ようやく顔を見せる余裕ができたのでしょうか。

続きを読む

オカルトですと

みなさまこんばんわ、無事GWに突入できましたマオラです。 神話リミット解除後ちょこちょこたまった分でゼニスを増やしてたりします。 とりあえずCF待ちしそうなジョブ分も光らせたしアートマ>アニムスもがんばってみましょっかw なんて軽い考えからFATE周りましたがでないですねー>ω< 期末からこっちログイン時間長くとれないのできついきつい・・・とFCでぼやいていましたら、例のオカルトけっこ信憑性あるとゆーお話でやってみるコトに。オカルトメイデンでびゅーだぜ☆ ・ ・・ ・・・んー 出るときは出るけど、出ないときは8Hとかやっても出ないですね。 まぁ沢山の方々が書いてますし今更なのですが、傾向だけ控えておきますと ①(いまのとこ)納品系FATEではアートマドロップしていない。 ②特定のクエスト絡みFATEではドロップする。(クリタワ開放FATEではみたコトないです。) ③やっぱし金出してないとでない? ④某pさんがニコニココにてオカルトについてゴニョゴニョ といったところでしょうか。複数発生しててどっちいこうか?なんて時に役立つといいなぁと思います。 とりあえず血まみれぶらぶらと、白虎さん作成しました。あと広辞苑までがんばる予定・・・w こないだちらっと書いたミニオンですがマメットモーグリも芸コマですよね。ptじゃなくても道端でモーグリ出してる人いれば近づくだけでダンシング♪何匹までいけるのかためしてみたいなぁ(`・д´・ ;) っと、ただいまF…

続きを読む

不穏な仲間

私の友人は、現在悪の組織と戦っている。と、言ってもブログで説得すると言うなんとも気の長い攻撃なんだけど。そんなやつの今の敵は、アンネの日記を破った犯人だ!  しかも、今回は結構本気モードである。モサドと一緒に悪を打つとか、陰陽術?か、なんかそんなもんを発動までするらしい。  ま、中2病だと思うのだけど、今回は言葉も荒いしなんたか心配だ。  と、ブログを見ると、すっかりその気は無くなったみたいだ。  人類滅亡とか、色々書いていたわりにヘタレるの早すぎだ。  原因は、奴のファンのガールズ達に止められたから、らしいが、何だか嘘臭い。  昭和のサイキックヒーローみたいな展開だから。 「俺が本気を出したら世界が滅亡する!」的な? これ、ブログのパフォーマンスなんかなぁ。  昔はそれなりに占いとかしてたのに。それより、女の子にチヤホヤされたいんだろうか?  今日は、武田鉄矢のような熱い説教を犯人に向かって叫んでいたけど。  この犯人は、本当に反ユダヤの為に本を破ったのだろうか?  日本でやる目的も、狙いもよそれだとよくわからない。  韓国の書物を破損するなら、このご時世だから分かる。  もしくは、靖国の本。  しかし、日本でアンネの日記を大量に破く意味が分からない。  ユダヤ人もそんなに住んでないし、これでユダヤになにか影響があるとも思えない。  けれど、一人の犯行にしては、都内の広い範囲で、しかも、大量だ。  複数の人間が関わっていると思う。  ネットでの知らない人間が…

続きを読む

アンネの日記の事件

最近、私のオカルト仲間の話ばかりだったが、仕事が忙しくなり、奴はブログを休んでいる。  悪の組織と心配する私は、やつの仕事の都合で相手にされてない。  ハァー  なんだかなぁ。 ライダーごっこをしようと誘われ、いつもライダー役ばかりをしていたガキが、いち抜けして塾に行ったような状態だ。  中二病とは知っていても、なんだか腹が立つ。  ま、しかし、ただの口だけだとわかったので、私は私のブログを再開する。  とは言え、なんだか奴に当てられて、頭が混がらかっているので整理しよう。  アンネの日記が破られた件だが、私はプロ、もしくは、昔ながらのネオナチなんかの仕業とは思えない。  テロリストにしろ、反政府組織にしろ、一般市民が納得するような大義名分はほしいものだ。  ナチと言うと、映画の黄金時代と重なって、手軽に悪の組織として描かれて知られているが、本当にあった組織なので、「しねしね団」や「ショッカー」のようなあからさまな悪いことを宣言してやっていたわけではない。記憶が正しければ、労働党見たいな政治団体から始まったはずだ。  ゲッペルスなどが知恵を絞って、オリンピックやマスコミを巧みに使ってのしあがる訳だけど、勿論、表向きは子供を愛して平和な世界を目指しているとか、いってたろう。  確かに、ユダヤ人を差別、大量虐殺をしているけれど、現在、それほど力のない状態で、少女の健気な生活を書いた本を切り裂いたりするだろうか? それでは、まさに自分達が悪人ではないか!  どんな宗教や人種で…

続きを読む

まず最初に

私はスピリチュアルな情報を読むのが好きで、かつてはムーとかもよく斜め読みしていました。その好きが生じてスピな本も幾つか購入して読んでいます。最近ではネットに上がっているスピ系のサイトを巡回したりもしています。ああ言うのって知的好奇心を刺激されますよね。え? そうでもない?  と言う訳で、このエッセイでは趣味全開でスピな事を語ろうかと思います。最初に言っておきますが、私自身は霊感も何もないですよ! こう言うメッセージが降りて来た! とかないですから! そう言うのを期待されて読みに来られた方はブラウザバック推奨です! ごめんなさい!  つまりここでは好きな映画や音楽を語るように好きなスピネタを語ると言う、特に何でもない企画です。そう言う話があるなんだ~程度に軽く肩の力を抜いて楽しんでいただければと思います。

続きを読む

スピリチュアルとは何か

 まずこの日記を書くにあたってこの基本的な言葉から始めなければいけません。  とは言え気になったならこんな駄文より検索ワードにスピリチュアルと打ち込むかヘイシリ!とかオッケーグーグルとかの音声入力で検索すれば一発です。  一応ネット辞書でのスピの説明では、ラテン語の spiritusに由来するキリスト教用語で、霊的である事、霊魂に関するさま。英語では、宗教的・精神的な物事、教会に関する事柄、または、神の、聖霊の、霊の、魂の、精神の、超自然的な、神聖な、教会の、などを意味する。となっていて、元ネタ的にはキリスト用語みたいです。私も検索して今初めて知ったぞい。  現在一般に広く使われているのはニューエイジからの流れでのスピリチュアルでしょうね。パワースポットとかパワーストーンとか前世とか守護霊とかああ言うアレ。テレビとかではそう言う紹介のされ方が一般的です。  ああ言うのはスピリチュアリティと呼び方が区別されている……ってネット辞書に書いてますナ。これも初めて知ったゾ。  さて、ネット辞書を参考にするのはこの辺にして、今からは日記らしく私の認識だけで話を進めますね。正確性なんてポイーで。  スピリチュアルと言う言葉が流行る前に似た概念を示す言葉にオカルトがありました。オカルトは今ではホラーに限定された感じのイメージですが、少し前までは要するに科学で解明されていないもの全般を示すワードだったんですよ。今でも胡散臭いもの全般をオカルトと呼…

続きを読む

UFOからの攻撃を受けて墜落…?トーマス・マンテル大尉機墜落事件。

「トーマス・マンテル大尉機墜落事件」とは、1948年1月8日にアメリカ合衆国のケンタッキー州にあるゴッドマン空軍基地付近にて発生した、謎の未確認飛行物体を追跡していたアメリカ空軍機が、突如として通信が途絶えた後に墜落したという事件のことである。その戦闘機を操縦していたのは、当時25歳のトーマス・F・マンテル大尉であり、後にマンテル大尉は基地から約150kmほど離れた場所で機体の残骸とともに遺体となって発見されている。この事件当時、アメリカ国内では、マスコミによって「マンテル大尉機は、未確認飛行物体から何らかの攻撃を受けたために墜落したのではないか」という報道が多くされていたため、マンテル大尉の名は「UFOによる、初めての犠牲者」として広く知られることになった。 「トーマス・マンテル大尉機墜落事件」の詳細 1948年1月8日の午後1時頃、アメリカ合衆国のケンタッキー州にあるゴッドマン空軍基地には、ケンタッキー州に住む、何人もの市民から謎の未確認飛行物体の目撃報告が寄せられていた。それらの目撃情報によれば、その物体は銀色をしており、とても巨大で形状を変えながら上空を飛行しているのだという。 同日の午後1時45分頃、ゴッドマン空軍基地の管制塔でも、直径100mほどの巨大な未確認飛行物体の姿が確認された。その物体は基地の上空に侵入してきたため、基地内は突如として警戒態勢に入った。 ゴッドマン空軍基地の主任管制官であるブラックウェル技術軍曹は、その物体が旧ソ連による新型の機体であ…

続きを読む

大量のUFOが襲来?「ワシントンD.C. UFO乱舞事件」

「ワシントンD.C. UFO乱舞事件」とは、1952年7月19日から7月27日にかけての約1週間、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.上空において、大量の未確認飛行物体と思われる謎の光体が目撃された事件のことである。この事件では、約70もの大量の光体が多数の一般市民によって目撃されており、アメリカ全土はパニック状態に陥ったという。その後、この事件はアメリカ空軍が記者会見を開くという事態にまで発展している。 この事件の詳細 1952年7月19日の午後23時40分頃、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.上空において、突如として7つもの謎の光体が飛行禁止空域内に出現した。この光体は、ワシントン・ダレス国際空港とアメリカ空軍のレーダーによって捉えられており、地上にいた多数の一般市民によって目撃されている。 その目撃談によれば、この謎の光体は赤色や青色、オレンジ色など、鮮やかに色を変化させながら急な加速や静止を繰り返し、消失と出現という不可解な現象を含む、不規則な動きを続けていたという。また首都ワシントンD.C.上空付近を飛行する旅客機や戦闘機に急接近したり、追跡を行っていたという情報も確認されている。 それから約1週間もの間、この未確認飛行物体と思われる謎の光体は、首都ワシントンD.C.上空で頻繁に目撃されており、その光体の数は約70にも上ったという。一般市民の中には、「宇宙人が地球を侵略しにきたのではないか」と危惧する者がいたため、アメリカ全土はパニック状態に陥った…

続きを読む

本物?それとも…。「宇宙人解剖フィルム」

「宇宙人解剖フィルム」とは、1995年にイギリスの映像実業家レイ・サンティリによって世に出された、「宇宙人の死体を解剖する様子を撮影したもの」とされる、記録フィルムのことである。別名「サンティリ・フィルム」とも呼ばれている。 「宇宙人解剖フィルム」出現までの経緯 1995年1月、イギリスのテレビ番組の中で一人の歌手によって、「宇宙人解剖フィルム」の存在が初めて言及された。この歌手によれば、1947年に撮影されたものであるとされる、約150分にも及ぶ「UFOの墜落現場とその残骸、また宇宙人の死体解剖の様子」を写した記録フィルムが存在しており、その映像の一部を1994年のクリスマス直後に見たことがあるのだという。 1995年3月26日、イギリスのPA通信によって、「宇宙人解剖フィルム」についての記事が配信され、CNNを始めとする、数多くのメディアがこれを報じた。この記事には、「『宇宙人解剖フィルム』は、1947年にニューメキシコ州にUFOが墜落した後、従軍カメラマンによって撮影されたものであり、14リールに渡る、16mm白黒無声フィルムである」という情報が記されていた。 1995年5月5日、ロンドン博物館で各メディアの代表、UFO研究家、政府高官などを招いた特別会議が開かれ、この場で「宇宙人解剖フィルム」が初めて上映された。その後、このフィルムは世界中のテレビ局などによって買い取られ、様々な形で放映されることになった。 1995年8月28日からのほぼ同時期に、イ…

続きを読む

アメリカ政府は、宇宙人と接触していた…?

「MJ-12(マジェスティック・トゥウェルヴ)」とは、1947年7月にアメリカ合衆国のニューメキシコ州にある都市ロズウェルの付近にて、未確認飛行物体と思われる円盤のような物体が墜落した「ロズウェル事件」が発生した直後に、アメリカ政府が秘密裏に発足したという委員会のことである。この委員会はハリー・S・トルーマン大統領の命によって発足され、アメリカ政府の幹部や著名な科学者など、12人のメンバーによって構成されており、宇宙人との接触や交渉などを極秘に行っているとされている。1987年5月29日にトルーマン大統領のサインがされた機密文書「MJ-12文書」が流出したことが明らかとなり、その存在が多くの人々に知れ渡ることになった。 スポンサーリンク 「MJ-12」とは? 「MJ-12(マジェスティック・トゥウェルヴ)」とは、アメリカ政府が宇宙人に関する調査や研究、宇宙人との接触や交渉などを行うために秘密裏に発足したという委員会のことである。この委員会が発足した時期は、1947年7月にアメリカ合衆国のニューメキシコ州にある都市ロズウェルの付近にて、未確認飛行物体と思われる円盤のような物体が墜落した「ロズウェル事件」が発生した直後だと考えられている。 この委員会は、当時のアメリカ大統領であるハリー・S・トルーマン大統領の命によって発足されたものであり、アメリカ政府の幹部や著名な科学者、UFO研究家など12人のメンバーによって構成されている。1954年頃には宇宙人との接触や交渉…

続きを読む

大量のUFOが飛来…?「ロサンゼルス空襲事件」

「ロサンゼルス空襲事件」とは、1942年2月25日にアメリカ合衆国のカリフォルニア州にある都市ロサンゼルスにて、アメリカ陸軍が上空を飛び交う大量の未確認飛行物体に対し、大規模な対空砲火を行ったという事件のことである。当時は第二次世界大戦の真っ只中であり、アメリカ軍は約3ヶ月前の1941年12月8日に日本海軍から真珠湾攻撃を受けていたため、その未確認飛行物体の正体を日本海軍の艦載機などと誤認して攻撃を行ったものと見られている。実際には第二次世界大戦後に明らかとなった記録によれば、当時、日本海軍が都市ロサンゼルスを攻撃したという事実などは一切見つかっておらず、その未確認飛行物体の正体は未だにわかっていない。 スポンサーリンク この事件の詳細 1942年2月25日の午前1時44分頃、アメリカ合衆国のカリフォルニア州にある都市ロサンゼルスに設置されていたアメリカ陸軍の防空レーダーが、西方約190キロの地点にて大量の未確認飛行物体の存在を感知した。この時、未確認飛行物体の数は合計で25機と報告されており、直ちに空襲警報が発令されたため、真夜中の都市ロサンゼルスには大音量のサイレンが鳴り響いた。 当時、アメリカ陸軍は約3ヶ月前の1941年12月8日に日本海軍から真珠湾攻撃を受けており、また2日前の1942年2月23日には日本海軍の伊号第十七潜水艦によってアメリカ本土にも攻撃を受けていたため、その未確認飛行物体の正体を日本海軍の艦載機だと推測した。この時、その飛行物体の姿は…

続きを読む

天才バカボンのもっとも怖い話。「かわった友だち」とは?

1967年から1978年頃にかけて週刊少年マガジンをはじめ、週刊少年サンデーや週刊ぼくらマガジンなど、様々な漫画雑誌にて連載が行われていた、漫画家の赤塚不二夫による大人気ギャグ漫画「天才バカボン」。この作品は、1971年には読売テレビによって初めてテレビアニメ化が行われており、現在では日本を代表するギャグ漫画の一つとして広く知られている。しかし、このテレビアニメの第2作目「元祖天才バカボン」では、過去に「かわった友だち」というタイトルの後味が悪く、不可解な結末を迎えるエピソードが放送されたことがある。今回は、そんな日本全国の視聴者にトラウマを植え付けたともされる、この天才バカボンの恐怖のエピソードを紹介する。 スポンサーリンク 「天才バカボン」とは? 「天才バカボン」とは、1967年から1978年頃にかけて週刊少年マガジンをはじめ、週刊少年サンデーや週刊ぼくらマガジン、コミックボンボンなど、様々な漫画雑誌にて断続的に連載が行われていた、漫画家の赤塚不二夫による大人気ギャグ漫画のことである。この作品では、バカボンのパパ・バカボンのママ・バカボン・ハジメの4人から成る、バカボン一家を中心として、レレレのおじさんなど個性豊かな登場キャラクターが繰り広げる、ドタバタ・コメディが描かれている。 この作品は、1971年には読売テレビによって初めてテレビアニメ化が行われており、その後、日本テレビ・フジテレビ・テレビ東京と放送局を変えて、合計で4回ものテレビアニメ化が行われて…

続きを読む

扇風機の危険さ

「扇風機」とは、人間の体温を下げることを目的として使用される、回転する羽根によって人工的に風を発生させるための機器のことである。この機器は日本人にとっては夏の必需品ともされているが、そこには一つの恐ろしい都市伝説が存在する。その都市伝説の内容とは、「密閉された部屋の中で扇風機をつけたままの状態で眠ると、その扇風機の風を浴びていた者が突然死してしまうことがある」というものである。この都心伝説については、1970年代から1980年代にかけて日本全国へと急速に広まったものと考えられており、現在でも韓国などの一部の国々では広く信じられているという。 スポンサーリンク 「扇風機」とは? 「扇風機」とは、人間の体温を下げることを目的として使用される、回転する羽根によって人工的に風を発生させるための機器のことである。また室内の空気を循環させる目的で使用される、「エアサーキュレーター」という機器とは構造が微妙に異なっている。 この機器は、小型の電気モーターを軸として取り付けられた、数枚の羽根を高速で回転させることにより、人工的に風を起こすという仕組みとなっている。この機器は19世紀後半のアメリカ合衆国にて、電気モーターの発明と同じ時期に開発されたものであり、日本国内では1894年に現在の東芝の前身である、芝浦製作所によって初めて発売がされている。 現在では、節電、エコロジー、省エネルギーなどを強く意識し、環境問題を配慮した新しいタイプの扇風機が開発されている。また最新の…

続きを読む

子供は見ちゃダメ。「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」の隠しメッセージ。

「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」とは、1986年11月21日にバップから発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトのことである。その物語の内容とは、有名な伝奇小説「西遊記」がベースとなっており、「僧侶の三蔵法師が白馬の玉龍に乗り、仙人の孫悟空・猪八戒・沙悟浄を従え、ともに天竺を目指す」というものである。しかし、このゲームソフトが発売されてから約16年後の2002年頃、「麟閣」というハンドルネームの人物が、そのROMデータを解析中に偶然隠しメッセージを発見し、自らのウェブサイト上にて公開した。その隠しメッセージとは、当時の開発スタッフ「なかじまかおる」という人物に関わるものだと考えられており、子供向けのゲームソフトには似つかわしくない卑猥な内容であることから、大きな話題を集めることとなった。 スポンサーリンク 「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」とは? 「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」とは、1986年11月21日にバップから発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトのことである。このゲームソフトは、その物語の内容やゲームシステムなどにおいて多くの不備が指摘されており、「ファミコン史上最悪のクソゲー」として挙げられることが多い。 このゲームソフトは、日本テレビ系列のグループ企業である株式会社バップのゲーム参入第一作であり、そのジャンルはロールプレイングゲームとなっている。しかし、実際にはロールプレイングゲームの要素はほぼ皆無となっており、なぜか…

続きを読む

扇風機つけたまま寝るとやばい

「扇風機」とは、人間の体温を下げることを目的として使用される、回転する羽根によって人工的に風を発生させるための機器のことである。この機器は日本人にとっては夏の必需品ともされているが、そこには一つの恐ろしい都市伝説が存在する。その都市伝説の内容とは、「密閉された部屋の中で扇風機をつけたままの状態で眠ると、その扇風機の風を浴びていた者が突然死してしまうことがある」というものである。この都心伝説については、1970年代から1980年代にかけて日本全国へと急速に広まったものと考えられており、現在でも韓国などの一部の国々では広く信じられているという。

続きを読む

エイリアン遭遇事件3選! その①

 エイリアンというと大きな頭と真っ黒な目が印象的なグレイタイプを思い出す方は多いだろうが、世界にはグレイタイプとは一味違う、奇妙なエイリアン遭遇事件が存在する。オカルトサイト「Mysterious Universe」の記事から、今回は世にも奇妙なエイリアンを3つご紹介しよう。 ■森に現れたベジタブルマン  1968年7月、米国ウェストバージニア州フェアモントの郊外でボウハンティングをしていたジェニングス・フレデリックさんは、森の中で奇妙な音を耳にした。それは猛スピードで走っているスピーカーから流れてきているかのような不気味な高音域の音で、気になったフレデリック氏はその発生源を探すことにした。  すると、フレデリックさんの目の前に奇妙な生物が姿を現した。それはおよそ2.1メートルほど人間のような生物だったが、全体的に緑色で、まるで植物のような印象を受けたという。その体は非常に薄く、骨格のようなフレームがむき出しになっており、長い耳と茎のような腕を持っていた。腕の先には約17センチメートルほどの長い指があり、その細長い指先には針や棘、吸引カップのようなものが付いていたという。怪音はその生物を取り巻くように鳴り響いていた。 0605alien-1.jpg 画像は「Mysterious Universe」より引用 「私を恐れる必要はありません。私はコミュニケーションしたい。私は友人として来ました」  突如、その植物人間はフレデリックさんに語りかけてきた。驚愕する彼に生…

続きを読む

イエス・キリストが迫害を逃れて移り住んだという言い伝えが残る新郷村

イエス・キリストが迫害を逃れて移り住んだという言い伝えが残る新郷村で、恒例の「キリスト祭」が開かれました。 新郷村には、迫害を逃れたイエス・キリストが移り住み、106歳の生涯を終えたという言い伝えがあり、毎年この時期に「キリスト祭」が開かれています。 キリストとその弟のものとされる墓の前には観光客などおよそ1000人が集まり、はじめに神職が祝詞をあげたあと、集まった人たちが順番に玉串をささげました。 続いて鮮やかな紫色の着物を着た女性およそ15人が、古くからこの地域に伝わる「ナニャドヤラ」という唄に合わせた踊りを披露しました。 「ナニャドヤラ」の語源にはいろいろな説がありますが、この地域では、キリストにゆかりのある「ヘブライ語」に由来すると考える人もいます。 会場を訪れた人たちは独特の節回しにあわせた踊りに見入っていました。 踊りを披露した60代の女性は、「日頃の練習の成果を出せた。今後も続けていきたい」と話していました。 茨城県から観光に訪れた30代の女性は「伝説を信じてみんなで祭りを楽しむことはすばらしいと思う」と話していました。

続きを読む

壁から出る侍の悪霊に殺されかける→神社の神様に助けを求めた、その時!?

ここで私の体験談を 庭いじりしてたら、若い男が つかつか庭に入ってきたので 「ゴラァ!何勝手に入って来とんのじぁ!!」 と怒鳴ったら、即消えた。 あっちの人だった。 って事がまぁある私。つぎの話は  信じてもらえんと思う恐怖体験を語らしてもらいます。 一番怖かった話 毎回同じ場所で 同じ侍が壁から出てきて壁に吸い込まれて行くのを見てたので、この侍の存在自体を気にしてなかった。 ある日、たまたまいつもと違う時間に帰宅。 するとよく見かけていた侍が、いつもとは違う壁から突然すうっと現れた。 「あっまた」 と思ったら、いきなり 「見たなぁ!」 と侍が怒鳴り 凄まじい剣幕で、刀振り上げて追いかけてきた。 逃げながら、咄嗟に近くの神社の神様に 助けて! と願ったら、凄い白光が どんっ! て感じで一瞬上から落ちてきて 「うわぁぁぁ」って叫びとともに侍が消えた。 神様ありがとうと心底感謝。 マジコロされるかと思った出来事だった。 以来この侍一切出なくなった。 消滅したか 成仏したか この話 体験した本人が言うのも何だが、作り話みたいなんだよね。 助かった白光とかが、語ると嘘っぽくてorz でも本当に体験した話です。

続きを読む

神様って見ちゃいけないんだよな?やっちまったかも

1: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 23:29:08.08 ID:gX1WGmqm0.net やっちまったかもしれん 2: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 23:31:56.73 ID:Oyqpe9ey0.net お守りは開いちゃダメよ 3: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 23:39:08.28 ID:gX1WGmqm0.net >>2 俺の交通安全の御守りは今も健在だバカヤロー 4: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 23:39:30.72 ID:PuGot/Nh0.net 聞こうか…! 5: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 23:43:11.98 ID:gX1WGmqm0.net とりま書くわ。 俺無職なんだけど、若い時に稼いだお金がそこそこあって、今は趣味の自転車でそこらフラフラしてんだよ。 6: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 23:46:41.19 ID:gX1WGmqm0.net そんでまー俺昔結構悪さとかしたからさ。 罪滅ぼしじゃないけど、自転車で回った先々でボランティアとかしてるわけ。完全な自己満足な。 7: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/…

続きを読む

誰にも見えない巨大飛行船

賑やかな駅のど真ん中で、突如轟音が響いた。 気になって上空に目をやると、見たことも無いような巨大な飛行船が飛んでいた。 機体は四角くて、四隅に赤いランプ が点灯している。 なにより不思議だったのが、これ程目立つ飛行船に誰も気が付いていないということなのだ。 機体もかなり目立つし、音も大きいというのに、誰も空を見上げるどころか。音にすら気が付いていない。 一体どうしたことかと思いながら飛行船を見つめていると、ゆっくりと透明になり、そのまま消えてしまった。 雲の間に入っていったとかではなく、文字通り消えてしまったのだ。 最新鋭のステルス機体か!?と思ったが、しかし音にすら誰も気が付かないというのは異常だ。 もしかしたら、未知の技術で周波数などをずらしていたのかもしれない。 私もその時は仕事でヘトヘトで、いつもと同じ感覚ではなかったので、たまたま見えてしまったのかもしれない。 案外、UFOは我々の目の前で堂々と飛んでいるものなのかもしれない。

続きを読む

かつての激戦地の霊魂を刺激してしまった結果・・・!

私は沖縄県に住んでいます。大学進学で沖縄県に引越ししました。 学生の頃は休日を利用してシュノーケリングや離島巡りなどを楽しみました。 あと、田舎の海沿いを探検していました。 沖縄県の海沿いというと、白いビーチを想像するかもしれませんが、ビーチは一部で、 険しい断崖絶壁になっているところが多いです。 沖縄県は皆さんご存知のように、太平洋戦争で激戦地となった場所で、 霊感のある人はかなりキツイ場所です。 と言っても私はそれまで何かを感じた事はありませんでした。 夏のある日曜日、本島南部の摩文仁という場所に遊びに行きました。 その日も海沿いの断崖絶壁をよじ登って探検するつもりでした。 本島南部は全域が霊域というか、戦争で亡くなった人を供養するための慰霊碑が林立しているんですが、 その中でも摩文仁は最激戦地で、追い詰められた軍人と住民が多数亡くなったという場所です。 そんなところを面白半分で訪れた私が馬鹿だったと反省しています。 海までの遊歩道にいくつも慰霊碑が建立されていました。 雑木林の中に、錆びたちっぽけな看板を見つけました。 厚生省(その時はすでに厚生労働省でした)の遺骨収集作業が終了しました。 というような事が書かれてありました。 海沿いに断崖絶壁をよじ登って探検していると、身を屈めれば入れるぐらいの大きさのほら穴を見つけました。 面白半分で洞窟の中に入っていくと、足元で枯れ木を踏んだ時のような感触がしました。ぽきぽきという感じの。 こんなと…

続きを読む

逆転でも交換でもない感情の不思議

きゃ〜!そんな驚きが幸福から不幸に変わる瞬間がある。それさ、逆転でも交換でもない。ビックリというほどではないにしても、発見や新しく知ることやそんな驚きが背後から忍び寄る鎌や鞭の一振りでエロ的な驚きに変わったら。きゃ〜!!冒頭の恐怖シーンになるわけです。 そんな時、躓きや傷に身に覚えがない。そんな男と付き合ったこともなければ、マシな感情を抱いたことがない。魂なるものは恋をしないとは、その驚くべき恐怖シーンたるエロが10年続いて子供が死んでしまってからだった。魂なるもの自慢をしているつもりらしいのだが、魂なるものして恋することすらない。遭遇する度にきゃ〜!といえ恐怖シーンになるが、一向に気にすることもない。今日もそんな恐怖は続いている。重くたれ込めるわけもない雲が簡単に地に落ちる。降るはずの雨が簡単に違うところにこぼれてる。外にいないのは当たり前なのだ!外にはなんにもないのだ。和服と言って上品なわけもなく、どこから広げた風呂敷なのか、忘れているのか風呂敷の収拾もつけずぬ恐怖シーンばかりとは。和服でどこへ出かけるのやら。勝ち負けの所在をハッキリすれば盗まれなくなると思ったのだが。勝負からは逃げ出したのだが。

続きを読む

霊感は人から移ることを実感した話

私自身ではなく友人の実体験になります。 友人の名前は裕太(仮名)とさせて頂きます。 彼は昔からオカルトには全然興味もなく、どちらかというと全く信じていなかったそうです。 それが今の彼女と付き合うことになってから暫くしてから、デート中に寒気が走り正体不明の恐怖に襲われることが起こるようになったそうです。 どうやら彼女に霊感があったらしくそれがうつってしまったようです。 『まぁ、だからってどうということないよ』 と言って霊感を隠していたことを責めず今でも仲良く付き合ってます。 ある日、趣味の写真撮影に一人で出かけた先で 『あ、絶対にやばい』 という場所を見つけたらしく興味本位で写真を撮って帰ってきたことがありました。 その場所は今でも頑なに教えてくれません。

続きを読む

海外のゾンビはえぐい!

僕が初めて見たオカルトはゾンビです。あるショッピングセンターでゾンビになった人間たちが人を襲ってゾンビに変身して次々にゾンビを増やしていく はなしであります。一体ゾンビはどのように存在したのかは分かりませんがなんかの菌が人間に入ってその人間が死んだらゾンビになるのではないでしょうか。 後はエクソシストとかは怖かったです。人間が悪霊に取りつかれてキリスト信者が悪霊を追い払う事になるんですがなかなか悪霊が人間の体に入って追い払うことが 出来ないので悪霊と神父の戦いがあって最後には悪霊を追い払うことが出来ることになります。後はバタリアンとかは怖かったです。これも人間が死んで何かの原因で 死霊となって人間に襲い掛かって襲われたらまたバタリアンになって次々に生きた人間を襲うことになります。最近はオカルト映画などはレンタルでは見てないですが 昔はいろんなオカルトみていました。題名は忘れましたがある人食い花がいてその花に食べられたらその同じ人間が出来て何人もの同じ人間が増えてくる話であります。 最後の結末はどうなったかは覚えていませんが確かその花をやっつけることができてコピー人間は死んでしまう話だと思います。日本のオカルトと外国のオカルトは 内容とかが外国の方がえぐいなあとは思いました。

続きを読む

走る足と行方知らずの持ち主

これは私が実際に体験した話です。 当時小学6年生の私は18時から19時までの塾に通っていました。 田舎ですので、夜のバスは1時間に1本。 次のバスが20時すぎでしたので、1時間以上バス停で待つことなんてめずらしくなかったです。 そしてその日もいつも通りにバスに乗り、当時携帯電話やスマートフォンを持っていなかった私は外の景色をただボーっと眺めながらバスに揺られること約40分。 「何々~何々~」 と、私の降りるところが近づいてきた時です。 緑色のスニーカーと足首が走っていたのです。 何を言っているのかわからないと思いますが、私も正直「今でも」わかりません。 でも、足首から下が走っているんですよね。。。 バス停を降りて、走って家まで2分ほど。 もう怖くなり無我夢中で走って帰りました。 当時は「本怖」や「世にも奇妙な物語」が怖くて仕方なかったので、そういう番組を見ているせいであんなものが見えてしまったんだと思い込んだり、塾で疲れていたと、必死で忘れようとしたのですが、10年経った今でも脳に焼き付いています。 何もなかったのでよかったのかもしれませんが、あの足首の持ち主はどこに行く予定だったんですかね? そして、持ち主は、今、どこにいるんですかね? 私は知りたくて仕方ないです。。。

続きを読む

昼と夜

仕事中に体験したことを書いておこうと思う。 私の仕事は所謂警備員であり、朝夜問わずシフト制で仕事がある。現場は固定ではなく各場所に派遣され、その場所に沿ったルールややり方での作業を求められる少し面倒な仕事である。 そんな日々の中で、夜間に物音や人影を見ることはザラであり普段から塩やお守りを携帯しているためさほど恐怖を感じる事態にはならないのだが、とある現場だけは絶対に回してくれるなと懇願するところがある。 それは、関西の某スーパーだ。ここだけは二度と行かないと会社へ念押ししている。何故なら、次に行けば確実に私の精神は崩壊するからだ。 その現場へ私が入ったのは、警備員の仕事を始めて半年くらいのことだ。まだ先輩と派遣される場所ばかりで退屈していた事もあり、昼間に決められた巡回ルートから少し外れた所を歩いてみた。すると、何故か気になる扉がある。ただのドアなのだが不思議と開けてみたくなる。勿論巡回中ということもあり、開けはしなかった。 数日後今度は夜間ににそこへ行くと、前回気になっていた扉を調べてみるかとやって来た。するとその扉は開いており、奥から何か響いてくる。人のくぐもった声なのか、それは聞き触りの悪い音で嫌な感覚が押し寄せてくる。これ以上は聞いてはいけないとその場を後にしようとしたが、その場に背を向けたら何者かに襲われる、そんな気がして動けないでいると先輩が遅い私を迎えにやって来てくれた。そうすると不思議なことに身体は動きそのまま先輩と詰所に戻ることが出来た。 先輩曰く、その扉は普段…

続きを読む

交換者

仕事の為に毎日通う駅、その駅で起こった不思議な出来事を書いてみたい。 それは週末の金曜日、終電とまではいかなくとも遅めの時間の電車で駅に着き帰宅しようとスマホの画面を眺めながらホームを歩いていると、視界の端にチラチラと人影が映る。同じ電車を降りた人なのかと気にしていなかったが、改札への階段を昇ろうとした時不意にその影が前に来たかと思うと、その影にぶつかってしまった。 ここで頭を上げ謝ろうとしたのだが、接触した筈の人影は無く首を傾げて階段を登っていった。すると妙なことに階段を踏みしめる感触が普段と違う。言葉で表すと難しいが、感覚的には雨でぬかるんでいる泥の上を歩いている様な踏み心地であった。 雨も降っていないし不思議な感触ながらもスマホを見ながら歩く私は綺麗な階段でその感触も疲れから来ているのだろうと流していた。そして階段を登りきったとき、普通なら見知った広筈の改札口は無く見知らぬ駅名、改札口がそこにはあった。 ここで私も事態に気付きスマホをポケットに入れると元来た階段を戻った。ここで進むと戻ることが出来なくなりそうで、必死に駆け降りた。そうして階段の終わりに何もないところで肩がぶつかる衝撃を受けたかと思うと、そこは見知ったホームであり振り返るといつもの階段がそこにはあった。 夢か幻か分からないものの、今度はと階段を昇ろうと足を一歩踏み出した瞬間、私の背後から囁く様に、こう声を掛けられた。 「次は、代わってもらうから」

続きを読む

このブログの説明

初投稿です。 このブログでは、オカルトに関する様々な知識を紹介していきます。 また、オカルトに関する研究なども随時紹介していきたいと考えておりますので、応援よろしくお願い致します。 ご要望頂いた話題などは、積極的に調べていきたいと思います。 宜しくお願い致します。

続きを読む